東証やジャスダックなどの証券市場に上場を果たす新規IPOで美味しい思いしちゃおう。皆さん株で儲けたら何します?IPOで安く購入した株がもしかすると…220倍になることもあるので、上場する前に株を手に入れて儲けましょう。

CITIZEN子会社が新規IPOを公募の場合

日本だけでなく、世界的に知名度が高い、時計製造会社は国内にいくつか存在します。その中でも大手企業として有名なのが、CITIZENです。CITIZENは大きなグループ企業で、当然ながら株式を公開しています。東証一部に上場している企業ですので、新規公開株であるIPOを狙うには無理がありますが、CITIZENの傘下にある、子会社が上場するのを見計らって、今後IPOを狙ってみるという方法もあります。
新規公開株であるIPOは、証券会社に配分されます。この時に注意したいのが、世の中に存在する、全ての証券会社へ配分される訳ではないことです。とても有名な証券会社であったとしても、配分されないことはよくあります。
よって、新規公開株を狙うのであれば、複数の証券会社に口座開設を行っておくのが重要です。これならば、CITIZENの子会社が上場を予定している時に、慌てることなく対応することができます。
また、多くの証券会社に口座開設を行っておくと、当選確率が高まる可能性があります。IPOは抽選で銘柄を購入する権利のある投資家が選ばれますが、複数の証券会社を利用していれば、それぞれの募集に申し込めますので、1つの証券会社でIPOを狙うより有利になります。これは、複数の証券会社に対し、企業が新規公開株の募集をする時に活かせる方法です。
多くの場合で、ブックビルディング方式が採用されています。IPOの条件として仮の株価を提示し、投資家が仮の株価の範囲内で希望額を伝えるようになっています。当然ながら、高い株価を希望額にするほど、購入できる確率が高まります。いわゆるオークションのようなシステムです。
IPOは証券会社によって抽選方法が変わることも、予め覚えておきましょう。